【2017】毎週日曜!大阪鶴見区の中国朝市に潜入してみた

Pocket

2017年某日、大阪府鶴見区で開かれる中国朝市を訪れました。以前ワイドショー(10年以上前?)でも取り上げられた、ある意味有名な朝市です。

こちらも
・香港だけじゃもったいない!パワフル都市 深センの魅力4選

・【画像】中国の新名所 石牛寨の空中散歩が超絶怖すぎだった

意外と駅から遠い

宿泊地の都合でJR東西線 鴻池新田駅から徒歩で朝市に向かいます。鴻池新田に着いたのは7時半。そこから普通に歩いても20分弱かかりました。

道は分かりやすく、鴻池新田駅 北口の目の前にある府道166号線をまっすぐ行き、寝屋川の橋を渡り、更にまっすぐ歩くと、8号線と交差した諸福交差点に出ます。そこを左折しまっすぐ歩きます。諸福西交差点を超え、近畿自動車道のガード下をくぐり、安田東交差点を右折します。そこに来ると黒山の人だかりが見えると思います。

地下鉄鶴見緑地駅からだと、若干近いかも知れません。

大阪ふくちゃんラーメン鶴見店の駐車場・軒先から市場は始まってましたから、分かりにくい場合、目的地はこのラーメン屋で良いと思います。

 

メインストリート

遠目から見ても分かる黒山の人だかり。基本的に自転車は押さないと通れないと思われる人混みです。ラーメン屋の駐車場や軒下にずらりと行商が並び、野菜や肉、中国食品を売っています。パクチーの取扱いがダントツで多かったです。言い値なのか値札はなし。しかし多くの人がどっさりパクチーを買っていたので良心価格と思われます。また産地は大阪近郊でしょうね。唯一(?)の安心食品♪私は苦手なのでスルー。

 

中国語しか聞こえてこない、アウェー感たっぷりです。基本的に地面にじか置きでした。でも買ったら袋はくれますよ。ブラブラしてるのは私くらいで、多くの中国人は目的の物をどんどん買っている感じです。

そうこうしている内に、市場の中心地に着きました。

 

見たことのない中国食材が大量〜。ここは『華龍商事』という中国食品を取り扱うお店です。この会社がこの中国朝市を開催しているようです。

 

店内には調理済みの肉類、調味料や乾物、お菓子、飲料等あらゆる中国食品が並んでいます。冷凍肉は外で売られています。量り売りのようで、道端で適当にぶった切っていました。

 

同じく軒先では沢山の屋台が並び、みなさん朝ごはんを調達しています。ものすごい熱気…。基本的に公用語は中国語ですが、言葉が通じないからと待っていてもいつまで経っても買えません。簡単な中国語と指差しで注文しましょう。

 

中華クレープ。野菜やら春雨状のものやらを沢山のせて手早く丸めます。美味しそうでした。

 

揚げパンや肉まんなど沢山の軽食がありましたが、私は中国定番の朝ごはん豆腐脳と油条にしました。

 

華龍商事の店舗奥にはイートインコーナーがあって、そこで買ったものを食べることができます。豆腐脳は柔らかい豆腐に醤油ベースのスープがかかっており、サクサクの油条を浸して食べます。店員さんは事前に豆腐脳にネギとパクチーは必要か聞いてくれます♪豆腐脳にラー油を混ぜると、若干麻婆豆腐のような味になります。…これは美味しい!!豆腐脳が200円 油条が50円でした。

 

店舗の脇の狭いスペースでオバチャンが羊肉の串を焼いてました。凄いカオス…。

1本100円です。ジューシーで臭みもなく、羊肉の独特さが苦手な人もイケる味と思います。あまりに美味しくて、帰りに引き返して、もう一度買ったほどです。

この辺りは、格安航空チケット手配のビラをまく人や、怪しいCD?を売るオッサン、何を売っているのか不明な女性(売り込みをしていたが、商品がない)も多く、何がどうなってんのか分からない一帯でした。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

メインストリートを進んで、『はまや食品』を目指します。もうひとつの目的地です。途中、明らかに住宅の敷地内で商売している中国人がおりギョッとしました。あれは自分の家だったのでしょうか…。

 

はまや食品は中国食品、日本食品半々の食料品店でした。共通するのはその破格さです。

 

冷凍肉がずらり。肉以外にも冷凍の魚介類やお米、野菜、果物の取扱が豊富でした。こんな朝から営業しているのはこの朝市に合わせたためなのでしょうか。

 

冷凍の豚の頭で1500円。高いのか安いのか不明。

 

まとめ

最初はかなりグレーな闇市チックな所?とビビってましたが、結果的には異国情緒と安くて美味い屋台、激安食品を買い漁ることができて個人的には大満足です。ただ付近にはパトカーも停まり、住民のパトロールも行われていたので、これ以上の無法地帯化を防ぐ意図もあるのかも知れません。

朝市は毎週日曜日 6:00〜12:00となっています。

 

参考 

華龍商事株式会社

華龍貿易|朝市・中国物産(写真が豊富。私の写真より雰囲気が分かります 笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA