釧路港 補給艦「ましゅう」一般公開 2017

Pocket

2017年10月7日(土)、8日(日) 釧路港で補給艦「ましゅう」が一般公開されます。

摩周湖にちなんだ「ましゅう」は、他の艦艇に対して燃料や武器弾薬、食料などを補給する補給艦として2004年に就役しました。2015年、「いずも」型のヘリコプター搭載護衛艦が登場するまでは最大の自衛艦とされていたようです。また長期間の艦隊行動を支えるため、補給能力以外にも手術室や集中治療室、X線撮影室など高度な医療施設も備えています。

【主要項目】

  • 主要寸法 221x27.0x18.0x8.0m(長さ、幅、深さ、喫水)
  • 基準排水量 13,500t
  • 主機械 ガスタービン2基2軸
  • 速力 24kt
  • 特殊装置 洋上補給装置一式、補給品艦内移送装置一式
  • 馬力 40,000PS
  • 乗員 約145名 

 補給艦「ましゅう」一般公開 2017

■日時 
10月7日(土)
9:00〜11:00/13:00〜16:00

10月8日(日)
9:00〜11:00/13:00〜15:00

共に15分前に受付終了

■場所 
釧路港耐震岸壁

※ハイヒールやサンダルでの乗艦は危険です。

■主催・出典
帯広地方協力本部 補給艦「ましゅう」一般公開

(2017.9.20時点の情報 お出かけの際は主催者の最新情報をご確認ください)

 ■近くでたべたい!(個人的主観)
釧路の朝ごはんを堪能「喰い処 鮭番屋」

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 新富士駅

■その他のイベントも見てみる!
北海道のイベント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA